カードローン借り換えガイド

おまとめカードローンなどのカードローンの借り換えについて解説しています

カードローン借り換えと債務整理の違い

ここでは、カードローン借り換えと債務整理の違いについて説明していきます。 現在は、貸金業法の改正に伴い総量規制という法律があります。 銀行法が適用される銀行のカードローン以外は総量規制の対象となっているため、消費者金融などのカードローンではお金を借りることができる金額は本人の収入の3分の1以内となっています。何社からもカードローンで借りていると総額が大きくなり返済することが大変困難な状況になってしまいます。

そうなってしまうと、まず検討するのは債務整理ということになります。 債務整理とは、自己破産を申請して個人再生することを意味していますが、自己破産して個人再生する方法以外にも、カードローン借り換えを検討していくという方法もあります。

カードローン借り換えとは、何社からもカードローンを借り入れしている方がカードローンをまとめて1つの会社にするか、1つの会社から借り入れしている分を他の会社へ借り入れをすることです。

自己破産のような債務整理をすることは、自身の不利益に繋がりかねません。 それはどういうことかというと、自己破産を行ってしまうと5年程度金融機関からブラックリストに追加され、自由にお金を借りることもままならなくなってしまいます。

その他にも、家や車といった生活に必要な財産も全てなくなってしまうというリスクもあります。自己破産をするということは、自分の財産も全て無くしてしまうことを意味するのです。 また、これに加え、最も厄介なのは職業の制限であります。自己破産をした場合、破産手続きを開始してから、免責許可というものが下りるまでの間、職業や資格が制限されてしまいます。

この、職業や資格がどれに該当するのかは、ネットで検索すれば詳細に記載してありますが、1例を挙げるならば警察官や弁護士もこれに該当してきます。 免責期間はわずか数か月ではありますが、その数か月で仕事を辞めなくてはならなくなった時には大変なリスクになります。 以上のことからも、自己破産を行う前にカードローン借り換えを検討した方がメリットがあるといえます。