カードローン借り換えガイド

おまとめカードローンなどのカードローンの借り換えについて解説しています

カードローン借り換えの審査

ここでは、カードローン借り換えの審査について記述していきたいと思います。 カードローン借り入れを行う際に、必ずあるのが審査です。借り換えをして金利を安くしようと思っても審査に通らなければ何の意味もありません。ここでは、カードローン会社がどのような基準で審査を行っているのか説明していきます。

まず、おまとめカードローンや借り換えの審査には、主に2つの情報を総合して審査を行っています。 まず1つ目は「申し込み内容に関する事項の調査」です。 各金融機関は借り入れの申し込みがあると、申し込みをした人と申告した内容について信用情報機関へ照会を行うのです。

借り入れの申し込みがあると、金融機関はまず、申し込み者の氏名・年齢・生年月日・住所などの個人情報の他、他の金融機関からの借り入れ件数・借り入れ総額・金融事故情報(自己破産・延滞歴)等の申告内容に差異はないかの確認を行います。

この個人情報に関する調査を通過すると、次に行われるのが、在宅・在籍の確認です。 在宅・在籍の確認は申し込みをした人が申告した電話番号への電話であったり、会社への連絡等の手段で行われています。

必ずしも、在宅であれば本人が電話の窓口に出なければいけない訳ではなく、確認の取れる家族でも大丈夫です。また、会社への連絡に関しても必ずしも電話連絡を取るわけではなく、確認できる他の手段があれば他の手段で確認する場合もあります。とにかく申請した内容に差異がないことを確認できれば審査は無事に通るわけです。

2つ目が「コンピュータースコアリング」です。金融機関では各社が過去のユーザーを統計データとしてまとめて保管しているのが一般的です。そして、そのデータをもとに各項目を数値化し、当てはめることで申し込みした方の返済能力を評価しているのです。これが、コンピュータースコアリングです。

以上の2つの項目を評価し、各会社は限度額を含め審査を行っているのです。この2点で特に問題が無ければ、晴れてカードローン借り換えを行うことができるのです。

参考:カードローンの審査をナビゲート!